8、白髪染めが白髪の原因になる理由

更新日:2019年12月1日



少し難しい話になりますが

白髪染めやヘアカラーが白髪になる理由の1つは

薬剤に含まれる

“過酸化水素”です。


過酸化水素といえば脱色作用があります。

“白髪は毛母細胞という所の周りの毛包でできる

活性酸素の「過酸化水素」が増えすぎることで

黒い色素を作り出すチロシナーゼ酵素の中の

「メチオニン」というアミノ酸を酸化させてしまい

酵素としての働きを死活させて黒く出来なくする。”そうです。


過酸化水素はチロシナーゼの活動を止めてしまいます。

過酸化水素が増えると白髪になるのに

カラー剤や白髪染めには必ず含まれていて

頭皮にたくさん付けてしまうのです。

それは頭皮に悪いですよね。


人間は体内でも

過酸化水素を作り出しているそうですが

同時に分解する成分も作り出しています。

「カタラーゼ」や「グルタチオンペルオキシダーゼ」

というものです。


「カタラーゼ」や「グルタチオンペルオキシダーゼ」

「白金ナノコロイド」や「ビタミンC」でも分解できるみたいです。


過酸化水素を分解できずにいると

さらにたちの悪い

「ヒドロキシラジカル」という

活性酸素に変わります。


白髪になるだけでなく

遺伝子を損傷させ

がんの原因にもなるらしいです。


続く


白髪予防の方法をはじめから見る

257回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示