3、老化したから白髪が増えるというのは、老化によってチロシナーゼが減ったから白髪が増えたという事みたいです。

最終更新: 2019年12月1日




老化するとチロシナーゼは減少していきますが・・・



チロシン(アミノ酸)

チロシナーゼ(酸化酵素)

メラニン(チロシンがチロシナーゼに反応してメラニンになります)


白髪の原因の1つに老化がありますが

老化することでチロシナーゼが

減ったり機能しなくなり白髪になります。


という事は


機能している(活性化している)チロシナーゼの減少=白髪

という事になりますので、チロシナーゼの量を増やしたり活性化することができれば

白髪を予防できるという事です。


チロシナーゼは

シミやそばかすの元にもなるので

チロシンと反応してメラニンになるものです。


でも、メラニンはお肌の美白の敵になるんです。

化粧品にはこのチロシナーゼを抑制するものが

含まれているものもあります。


チロシナーゼを活性化したり量を増やすものを

食べ物で摂取すると

美白効果やシミ、そばかす対策にはよくないという事になります。




食べ物で白髪予防するとシミが増えてしまう?



毎日〇〇mgチロシンやチロシナーゼを摂取しようとすると

白髪予防になるけどシミの原因になる 恐れがあります。


体内に摂取すると、髪にだけ作用させて肌には作用させない

という事はできません。



老化は防げませんが

老化による白髪の増加は

減らすことができるかもしれません。


シミそばかすの原因はメラニンです。


シミそばかすのクスリには

メラニンを抑えたり

無色化する効果のある

L-システインというものが入っています。


シミそばかすには

いいのですが

L-システインには副作用があり

白髪が増えてきます。


そこで

L-システインを飲むときは

ビオチンという白髪を抑えるものを

一緒に飲むといいです。


美白にもなりたいし

白髪も抑えたい


そういう方にはいいと思いますが

基本的にサプリや食品などの

体内に摂取するという事は

都合よく振り分けられません。


頭の方はL-システインの効果はいらないけど

肌には欲しいという事が出来ないのです。


ですので、白髪が気になる方はL-システインを飲むのは避けた方がいいかなと思います。


矛盾するので

美白か白髪予防どちらかに絞った方が

良いと思いますがどちらも気になるという場合は


チロシン、チロシナーゼの白髪とシミの場合の解決法は

・チロシン、チロシナーゼを摂取する。

(食品、サプリでもOKです。)

・チロシナーゼの活性化を助ける銅の含まれる食品を摂取する。

(銅は酸化を防ぐ働きがあります。亜鉛と一緒に取りましょう。)

・お肌の代謝をよくする。ターンオーバーを整える。

(シミの沈着を防げます。)

・紫外線を浴びないようにする。

・代謝、血行を良くする。


というのが良いのかなと思います。


続く

3,362回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示