​トリートメント

​ロングヘアが似合わないのではなく、艶のない髪が似合わないのです。

シャンプーのCMにでてくるような髪の質感になれる

これぞトリートメント !な CMトリートメント  

磨かれたかのように表面を均一にし、髪に輝きと滑らかさを表現します。

ハリを感じるけれど柔らかい最高の質感に。

​Before  After

S__29884437.jpg

​Before  After

S__30130187.jpg

​まずは特殊な水で髪に薬剤が浸透しやすくします。ゆっくり髪に栄養が入りやすくなるよう整える工程です。

S__29884432.jpg

​髪の内部に栄養分を足していきます。柔らかくなる成分でもあり、表面付近を滑らかにしていきます。

S__29884434.jpg

​もう一度上から特殊な水を重ね付けすることでさらに奥深くまで浸透しやすくしていきます。

S__29884433.jpg

​お薬がついた状態で熱を与えます。体温より少し暖かいくらいの温度で髪のタンパク質の温度を上げます。

​しっかり流して、ケアします。栄養分を補給して、引き締めるお薬を髪全体につけます。

そっと、でもしっかり乾かします。

​引っ張りすぎないけれど髪が整うように優しくブローしていきます。

​仕上げにアイロンをしますが、普通にアイロンをするわけではありません。熱を与える感じで引っ張らずにそっとアイロンを当てていき仕上げます。

S__29884435.jpg

仕上げにアイロンを使うのは間違いないので艶が出るのは当然と思われるかもしれませんが、ただそっと熱を当てているだけでこの艶なのです。

 

お家でのお手入れはアイロンなしのドライヤーでの簡単なブロードライだけで艶が出ます。

​Before  After

S__29884438.jpg